歩いて代謝を促す、さらに、プラスでもっともっと

歩くって、いいようですね。
この前、ニュースで、日本で一番歩かない県は香川県だとか言ってました。
その一つの指標が、糖尿病が多い県だと。歩かないと、とても高い確率でなるそうです。
うーーーん。うどん食べているから、健康的なイメージがあったんですんがね〜。
その、歩くということは、運動という単なることではなくて、内蔵、脳にもいいと言われているようです。
文豪とかが、息詰ると、散歩をよくすると読んだことあります。音楽家や芸術家も、発想がでてこないときにも散歩をするとか。
早歩きとかではなくて、ちゃんと景色を見て歩くという感じでいいそうです。ただ、街中だと、あまりいい風景がないからな〜と思ってたら。実は、普段は車などで移動して目にしてなかった風景が見えて来るとも。それが、とても良い刺激になっていいようです。
また、歩くと内蔵によいのは、よくいいますよね。便秘の人でも歩くといいとか。それと、やっぱり食生活も大切。これと組み合わせると、いい結果につながるよと。
内蔵には、発酵食品が昔から良いと言われてた、と言うより、昔から自然と発酵食品を食べていたのが正しいかも。近代になって洋食が入ってきてから、発酵食品を食べる機会が減ったともいわれています。
ソース系よりも、醤油系のほうがよかったりも。これも、醤油は自然発酵されたとても体に良いと。
それでも、外食が多いと、そうそう食べる機会もすくないので、そこでサプリメントで補うといいだそうです。発酵酵素がおすすめだと言われました。酵素は熱に弱いので、自然発酵した酵素がおすすめだと。でも、液体のドリンク系は、味がなじめない人が多いので、そういう時は、粒タイプのサプリが、飲みやすいのでいいよと。生酵素サプリとかはその代表ですね。
歩くことも忘れずに、酵素を補うことで、体を活性化させることで健康回復と維持につながりやすいそうです。
夏が終わったら、歩こうかな〜と、「すぐじゃ、ないんかい」とつっこまれそうですがね〜。

酵素 効果